イボは皮膚にウィルスが感染することで、皮膚が盛り上がってできる小さなできもののことです。小さな傷などから皮膚の中にウイルスが入り込むことによってできます。手足や肘、膝にできやすいですが、首回りや顔、外陰部などにできるものもあります。足の裏のイボは、うおのめと似ていて判断がつきにくい場合もあるため、ダーモスコープ(拡大鏡)で見て診断することもあります。

<治療>

液体窒素という冷たい液体で冷凍凝固して、少しずつ小さくしていきます。ヨクイニンという漢方薬を内服することもあります。いぼを触ると別の場所にうつりますので、触らないようにしましょう。治療は定期的に通院して数ヶ月以上かかることもあります。

電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)