足にこすれるような力が繰り返し加わると、皮膚は自分を守るために硬くなろうとします。これが、たこやうおのめができる原因です。靴が足に合っていないとできやすくなります。一箇所にできると痛みで歩き方がおかしくなり、腰痛や関節痛につながることもあります。糖尿病などで神経障害があると、痛みに気づかず、たこの下に大きな傷や膿の溜まりが出来てしまうことがあります。そこに細菌感染を起こすと、足を切断しなくてはいけない場合もありますので、あなどれません。

<治療>

患部を削ったり、貼り薬を用います。

電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)